創業70年余の製本工房「渡邉製本」がこれまでの経験を活かし、「使いやすさ」にこだわったノートを作りました。
書く楽しさ、造本の美しさ、本づくりに対するひたむきな想いが詰まった、
「BOOK NOTE(ブック ノート)」「NÚtta(ヌッタ)」「CROSSFIELD(クロスフィールド)」のご案内です。

BOOK NOTE image00
新着情報
2019/8/15
『池袋ロフト 12階 文具売場』で8月12日~9月8日まで開催されております催事「好きが見つかる紙の世界 ペパランド」で弊社の商品を御購入いただけます。ぜひ、ご来場いただき、その書き心地や開きの良さをご体験願います。
 
2019/8/5
8月2日発売の雑誌『モノマガジン 8-16号(ワールドフォトプレス)』に協力記事が掲載されました
特集記事「いきものがかり山下穂尊の イキなモノ語り 製本技術でノート作り!」の手加工製本のワークショップ的な企画で、山下さんに「BOOK NOTE」を手作り体験をしてもらいました。
2019/7/31
ブックファースト新宿店』様で弊社の全商品のお取り扱いが始まりました。新宿西口でもご購入いただけるようになりました。
2019/7/26
「東京インターナショナルペンショー2019」に出店します
10月5日(土)・6日(日)の二日間、浅草の「都立産業貿易センター台東館」で開催されます「東京インターナショナルペンショー」に出店します。当日は、弊社の通常のラインナップ商品に加え、このイベントでしか販売しない限定特装ノートもお買い求めいただけます。皆様のお越しをお待ちしております。
 ⇒「東京インターナショナルペンショー」のサイトはコチラをクリック
2019/7/10
富山市の文具店『SETO大泉店』様でBOOK NOTEとCROSSFIELDのお取り扱いが始まりました。北陸の皆様宜しくお願い致します。
2019/5/7
4月26日にリニューアルオープンした『銀座ロフト』でBOOK NOTEのお取り扱いを開始していただきました。
2017/12/10
オンラインストア限定の新サービス「サイズカスタムカット・名入れサービス」を始めました。
製本の技術を集めて最高のノートを。

もっと気持ち良く書けるノートはないだろうか。
フラットに開き、何度めくっても壊れにくく、立ったままでもメモが取りやすい。
スラスラ書ける紙に、手になじんで愛着がわく表紙だったら…。
製本の経験と技術を集めて最高のノートを作りたい、そんな思いからこのノートづくりが始まりました。
目指したのは、書く、持つ、めくる、すべての心地よさを兼ね備えた、使い手に寄り添う美しい文房具。
70年以上おこなってきた本づくりの経験と知識の引き出し、3世代に渡り受け継いできた技術、
本に対するひたむきな想いを込めてつくりました。
製本工房がノートと向き合って生まれたこだわりのプロダクト。
ただのノートブックじゃない「BOOK NOTE(ブックノート)」です。

 

BOOK NOTE image02
使いやすさにこだわったラインナップ

置いても持っても使える開きの良さ、何度開いても壊れにくい丈夫さ、手になじむサイズ感。もちろん書き心地にもこだわり、本文用紙には滑らかな書き心地にインク吸収が良いなど筆記適性に優れたOKフールスを採用。目に優しいクリーム色を選びました。
また、水平に開くので見開きを大きな1ページとしても使え、タテ・ヨコ・左・右どの方向からでも自由にかく
ができます。さらに、360度まで柔軟に開くので二つ折りにしても使えます。
ビジネスはもちろん、趣味、スケッチなど多彩なシーンでご使用いただけます。

 

BOOK NOTE image03
使いやすさにこだわったラインナップ

落ち着いた色の表紙4種、5mm罫線と無地の2種、B6サイズとA5サイズの2種、16のバリエーションからお好きなノートをお選びいただけます。持ち運びにも考慮したB6サイズ、より大きく使えるA5サイズをご用意しました。

仕様:無地または5mm方眼・B6サイズまたはA5サイズ・190ページ・B6サイズ¥2,700(税抜)/A5サイズ¥2,900(税抜)

 

無地

5mm方眼

製本一筋70年の 「渡邉製本株式会社」が 一冊一冊丁寧に作っています。

私たちは東京都荒川区の製本工房です。昭和21年の創業以来、「美しい本」「仕立てのよい本」を常に考えて技術の向上に努めてまいりました。おかげさまで確かな技術を評価され、造本コンクールにおいても受賞歴があります。
そんな熟練した職人達が一冊一冊丁寧に、こだわりを持って作ったのが「BOOK NOTE(ブックノート)」。大量生産や機械のみでは作れない、私たちだからこそできたノートです。

 

BOOK NOTEができるまで

印刷が上がり人の目で確かめる最後の検品まで、様々な工程を経て「BOOK NOTE(ブックノート)」はできあがっています。機械で行う作業や職人達による手仕事をご覧ください。